うちわのサイズに合わせた活用方法について

弊社で取り扱っているポリうちわには様々なサイズがあり、大きいものから小さいものまで幅広いラインナップを取り揃えております。
うちわにはそのサイズそれぞれに合った活用方法というものがあるのですが、こちらの記事ではこれから検討される皆様の参考となるよう、サイズに合わせた活用方法についてその例をご紹介したいと思います。

□レギュラーサイズポリうちわ

定番サイズであるレギュラーサイズポリうちわ。
涼しい風を発生させるうちわ本来の使い道はもちろんのこと、その大衆性を活かしてばらまき広告として活用するなど、そのポテンシャルは底知れず。
迷ったときにはこちらを選べば間違いありません。

□コンパクトサイズポリうちわ

レギュラーサイズよりも少し小ぶりなポリうちわです。
うちわや広告としての利用はもちろん可能ですが、やや小さめのそのサイズを活かすことで広告としての利便性をさらに発揮します。
ばらまき用として使う際には場所を取らないこともあり、大きいものと比べても受け取ってもらえる可能性が上がるほか、封筒にも収まるサイズであるため、うちわDMとして活用可能です。

□ミドルサイズポリうちわ

コンパクトサイズポリうちわよりもさらにひとまわり小さなうちわです。
ここまで来るとなかなかうちわ本来の使い方としては厳しいものがありますが、携帯性はかなり上がるため、ばらまき広告には非常に適しているといえます。
また、サイズが小さくなることによって骨の密度が高くなり、その分剛性が増すため、グッズとしての用途にも適しています。


★・✦.・✰・✦.・★・✦.・✰・✦.・★・✦.・✰・✦.・★


まずは代表的な3サイズにおける活用方法についてご紹介しました。
すべてに言えることはどれも広告としての用途としては非常に適しているということ。
それと同時にシーンや配る対象などに合わせてサイズを選択することがポイントです。
次回はその他のサイズについてもご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。